純金の特性とは!?

純金とは、混じり物の無い金で、いわゆる金無垢のことです。
一般的に、金の含有量が99.99%以上あるものを言うようです。
100%の純金は技術的に作るのが困難なようです。金は貴金属と
しては最も歴史が古いもので古代から装飾用に広く世界中で使われて
きています。現在は貴金属だけでなく工業・医療関係でも、
変質しない特性を活かしていろいろ応用されています。

同時に、現在は、純金は投資等、取引にも応用されています。
純金は株式などと比較して、投機性は少ないですが、価格が急落する
可能性が少なく、安定性が高く土地や建物などと異なり保有しているだけ
では税金がかからないなどの特性がありこれが人気の理由にもなっています。

金はインフレヘッジ機能を持つといわれ、インフレ率が高まるとその需要が
増え低くなると需要が抑えられる傾向にあります。また、国際情勢に敏感に
反応し、各国の株式市場の大暴落などが起こると現物資産である金へ資金が
シフトされる傾向もあります。

金の特徴として、

★換金性が高い(世界中で現金交換ができる)。
★限りある資源(限りある資源のため将来的にも需要が高まる)。
★世界経済が不安定の時には価値があがる、などがあります。

また、金の取引方法としては、

・現物取引
・純金積立

この二つがあります。このうち純金積立は毎日一定金額で買い続けるもので
金価格の変動リスクを最小限に抑えることができます。

当サイトでは各ページで純金に関する様々な情報を解説しています。
是非各ページをご参考下さい。

当サイト人気コンテンツ

■ 純金取引の現状
■ 投資方法の種類
■ 実際の購入方法
■ 売却したい時は
■ 関連投資商品の種類

純金関連サイト

サイトMENU

Copyright (C) 2007-2016 純金総合情報. All Rights Reserved.

[相互リンク] メタトレーダー TOEIC 勉強法 東京での医師のアルバイト求人情報 医師転職ドットコム 英語を生かせる薬剤師求人